養老律令 国史大辞典|吉川弘文館|ジャパンナレッジ

2019-05-10 17:44:43

養老律令

律令国家を規制した基本法典。律十巻・令十巻から成る。奈良時代の初め、政界の実力者になった右大臣藤原不比等は、さきにみずから実質上の編纂主任をつとめた『大宝律令』が、用字その他の点で若干の不備があることを考慮し ...

養老律令 close

trending_flat続きを読む

Twitter人気のコメント
  • 日本史 年表@japan_history_g

    [奈良時代]718年養老律令の成立(実施は757年から)

  • 受験!日本史暗記bot@jyuken_ankibot

    7 5 7 泣こうな、橘奈良麻呂の変 757年 橘奈良麻呂の変。 橘諸兄の子、橘奈良麻呂が藤原仲麻呂を討とうとしたが、逆に先制され負けた。 ※この年には、養老律令の施行もされた

  • 明日から使えるまじないbot@asumaji_bot

    【厭魅】 えんみ。蠱毒厭魅として、かつて養老律令の賊盗律によって禁じられていた呪術。

  • 碓氷@UWVYqWyZjDPPTtR

    養老律令の制定は藤原不比等(元正天皇時)で718年、施行は藤原仲麻呂(孝謙天皇時)で757年ですね、、! 日本書紀⇒続日本書紀⇒日本後紀⇒続日本後紀⇒日本文徳天皇実録⇒日本三代実録でこれらは全部歴史書(漢文の編年体) ですね:(´◦ω◦`):ナガイ 仲麻呂は武智麻呂の息子なんですね!

  • 詳しい【日本史(古代史)】受験・試験対策@koukou_nihonshi

    養老律令の施行と同じ757年、橘諸兄の子【橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)】が、藤原仲麻呂政権に対して反乱を企てました。朝廷の多くの有力者が奈良麻呂に協力しましたが、計画は漏れてしまい、奈良麻呂たち反乱者の多くは、捕えられて拷問されて死にました。これが【橘奈良麻呂の変】です。

  • 詳しい【日本史(古代史)】受験・試験対策@koukou_nihonshi

    孝謙天皇のもとで、藤原仲麻呂は、757年に【養老律令】を施行しました。大宝律令に代わる律令で、大宝律令の内容を改訂したものでした。だから内容はだいたい一緒です。編纂を始めたのは、元明天皇の命を受けた藤原不比等だと言われていますが、孫の仲麻呂の代になってようやく施行されたのですね。

関連する投稿

養老律令の一つであり、鑑真和上渡来を契機に唐の「道僧格」に倣い、『四分律』を参照して制定された、国家による僧尼のあり方への規制法、明治維新まで施行されていた「僧尼令」について解説しています。