にじゅうかぜい【二重課税】の意味 - goo国語辞書

2019-07-09 16:23:53

二重課税

にじゅうかぜい【二重課税】とは。意味や解説、類語。同一の納税者や同一の取引・事実に対して、同じ種類の租税が重複して課税されること。例えば、ある企業が外国で得た所得に対して、その国と国内の両方で法人税が課税される ...

二重課税 close

trending_flat続きを読む

Twitter人気のコメント
関連する投稿

ここから本文です。 ホーム>税務大学校>研究活動>研究活動 税大論叢について>相続税と所得税の関係について-「生保年金二重課税事件」を素材とした考察-相続税と所得税の関係について-「生保年金二重課税事件」を素材とした考察

遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消しについて(年金二重課税) 平成22年7月6日、最高裁判決において、年金の各支給額のうち相続税の課税対象となった部分については、所得税の課税対象とならない ...

皆さんこんにちは! いよいよ夏本番の暑さが到来してきましたね。学生達は夏休みに入り、これから行楽日和が増えてきそうですね! そんなバカンスに故郷へ帰省される予定の方や、車で遠出をしようと考えている方も多いのでは ...

ガソリンの小売価格から税金を計算します。 ... ガソリンには、ガソリン税と石油税と消費税が課税されます。(原油関税は、2006年4月より無税) 消費税は、ガソリン税と石油税に2重に課 …

税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所は、横浜の税理士法人です。財団法人、社団法人、NPO法人などの多数の公益法人に対して、総合的なサービスを提供しております。税務・会計に関する事はどんなことでもお気軽にご ...

自動車重量税は、軽自動車税と同様に「自動車の保有」に対して課税されるため、自動車重量税と軽自動車税は課税原因が同じで、二重課税と見なすことができることから、自動車業界からは自動車重量税の廃止を求められている。